仕事上の認識の違いによるストレス

仕事をしていると様々な人々と接しますよね。
人それぞれ考え方が違うため、物事に対して認識のずれが生じ、仕事でミスが起こることもあります。
そこで、お互いにきちんと話してずれに気付き修正する人々もいれば、正しいかどうかは別として、一方的に意見を押し付ける人もいます。
また、アスペルガーやADHDに苦しみながらも社会に適応しようと頑張っている人もいます。
そうでない人々もいますが、そういう障害を抱えている彼らは自分の認識がもともとずれていることを自覚し、社会のルールに馴染もうと努力や工夫をしています。
社会に出れば、考え方や性格が違う人がたくさんいる中で仕事をするわけですから、ストレスは避けられません。
仕事をする上で、ストレスはあって当たり前でしょう。
ただそこで投げ出すか、向き合うかでその後の人間関係や仕事のやり方は変わってくると思います。
お互いに話を聞いて、意見を言って、問題を乗り越えようという意思があるなら、良い方向に向かうと思います。
もちろん、どうしても話が通じない人もいるので、そういう場合は関係が悪化する前に上手くやり過ごす方法を見つけると良いでしょう。
そして仕事を上手く乗り切るためにもストレス発散方法というのは大切です。
休みはなかなかとれませんが、自分の好きなことをする時間も大切にした方がいいですよ。
自分を理解してくれる友人に会ったり、カラオケに行ったり、運動したり、美味しいものを食べたりしてみてください。
その中で何が一番自分にとってストレス発散になるのか、自分で知っておくことが大切です。

Leave a Reply