嫌な気持ちを笑い話に変える方法

仕事をしていると、必ずと言っていいほど「人間関係」の問題が出てきますよね。
例えば、相手が上司やお客様だと言いたいことが言えなかったり、ストレスが溜まってしまうこともあるかもしれません。
大抵は、嫌なことがあるとイライラしてしまったり、落ち込んでしまったりするのが一般的かと思いますが、少し考え方を変えるだけで、嫌な出来事が、笑い話になってしまうという魔法のような方法をご紹介します。
どんなに理不尽なことを言われても「ありがとうございました。」と頭を下げなければならない、ということもありますよね。
そんな時は嫌なお客様に頭を下げているのではなく、お客様のお財布に入ってる福沢諭吉さんや、樋口一葉さん、野口英世さんに敬意を示して、ありがとうございましたと言ったのだと思うと、不思議とプライドも傷つかずに、ストレスとして残る割合も減るのです。
また、楽しくなくても笑顔でいなくてはならないこともありますよね。
なんでおもしろくもないのに笑ってなければならないのか、と思うとストレスになってしまいます。
そんな時は、笑顔でいることで、表情筋の筋トレをしていると考えてみてください。
おもしろいことがなくても、顔の筋トレだと思って笑顔でいれば、お金を稼ぎながら、いつでも若々しく素敵な笑顔で魅力ある人になれるのです。
考え方を少しだけ変えるだけで、嫌な体験も笑い話に変えてしまえたら、素敵な人生を送れるかと思います。
皆さんも是非試してみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply